SwiftUIをはじめよう!!

Playgroundを使ってみよう!!

PlayGroundをご存知でしょうか。Playgroundとはわざわざアプリを作らなくても計算ができます。ここでSwiftの基本的なシンタックスを試すことができます。この記事でPlaygroundの使い方を勉強しましょう!!

 Playgroundプロジェクトを作ってみよう

まずPlaygroundプロジェクトを作っていきます。ホーム画面から、Get started with a play groundを選択します。

そして、iOSを選択し、Blankを選択します。

Nextを押しプロジェクトを作成します。

このような画面になります。ここにコードを書いていきます。import UIKitは消さないようにしましょう。

そうしたら、まず左側にある再生マークを押してみましょう。右側にstrに代入された”Hello,Playground”は表示されます。

プログラムを作ってみよう!!

それでは、1から10まで足していくプログラムを作ってみましょう。

var number1 = 0
var number2 = 0
for number1 in 1 ... 10 {
    number2 = number1 + number2
}
print(number2)

number1とnumber2という変数を作り、for文で1~10まで繰り返し、printでnumber2の中身を表示します。for文のnumber1は1ずつ増えていきます。これで再生すると、画面の下に55と表示されます。これが1〜10まで全て足した結果です。これを使えば1~100とかもできます。

まとめ

まとめ
  • Playgroundのプロジェクトを作った!
  • 1〜10まで足すプログラムを作った!

おすすめの本

Swiftを始める時にインターネットだけでの独学は難しい!!と考える人もいると思います。「SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート」は丁寧に解説してくれるのでとても便利です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。